ピエール マッコルラン(英語表記)Pierre MacOrlan

20世紀西洋人名事典の解説

ピエール マッコルラン
Pierre MacOrlan


1883.2.26 - 1970.6.27
フランスの小説家,詩人。
ソンム県ペロンヌ生まれ。
本名Pierre〉 ピエール〈Dumarchey デュマルシー。
若くして両親を失い、1900年パリに出て画家を志したが生活のため種々の職業を経験。’10年代モンマルトルの前衛芸術家たちと親交。又旅を好み、ヨーロッパや北アフリカの港に遊ぶ。作品はいずれもモンマルトルや港町を舞台に芸術家、娼婦、船員などの生活を、抒情的でメランコリックに描いた。’50年アカデミー・ゴンクール会員。主な作品に「船員の歌」(’18年)、「女騎士エルザ」(’21年)、「霧の波止場」(’27年)、「深夜の伝統」(’30年)、「夜明けの記録」(’55年)等。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ピエール マッコルラン

生年月日:1882年2月26日
フランスの小説家
1970年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android