コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピコファルコン ぴこふぁるこん Pico-Falcon

1件 の用語解説(ピコファルコンの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ピコファルコン

バンダイナムコグループの株式会社シー・シー・ピーが2014年12月5日に発売する、世界最小サイズのラジコンヘリコプターの名称。機体長約46ミリメートル、前後のプロペラを含む総全長が59ミリメートルで、赤外線で制御する。高性能ジャイロセンサーを搭載し、2組のプロペラを同軸に配置して各組を相互に逆方向に回転させる二重反転機構を採用することによって、安定飛行を可能としている。また、3オートバンド方式の採用で3機同時飛行もできる。同社では、13年6月、世界最小のヘリコプターラジコンとして「ナノファルコン」を発売。ナノファルコンは機体長65ミリメートルだったが、ピコファルコンでは、更に約30%の小型化を実現した。同社では販売開始の12月から翌年の15年3月末までの4カ月間で5万個の販売を目指している。

(2014-9-5)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピコファルコンの関連キーワードシェル・オイルバンダイナムコピープル日本郵政グループエコグルースティックバンダイナムコゲームスハピネットバンダイナムコホールディングスバンダイネットワークス

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone