コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピシェル Pischel, Karl Richard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピシェル
Pischel, Karl Richard

[生]1849.1.18. ブレスラウ(現ポーランド,ウロツワフ)
[没]1908.12.26. マドラス
ドイツのインド学者。 1875年キール大学教授,85年ハレ,1902年ベルリンの各大学に転じてインド学を講じた。その研究は言語学的見地に立ち,代表作はプラークリット語の研究を集大成した文法書『プラークリット語文法』 Grammatik der Prākrit-Sprachen (1900) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ピシェルの関連キーワードエスピシェル岩コスタアズール月世界征服人形劇

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android