コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピソイド pisoid

岩石学辞典の解説

ピソイド

径が2mm以上の同心球状の構造をもつ炭酸塩堆積物で,球状から不規則な形状を示す.ピソイドはおそらく地表の環境で無機的な作用によって形成されたものと推測される[Adams, et al. 1984].⇒ウーイド

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ピソイドの関連キーワード土性ミニアチュア管イソモク凝灰岩凝灰角礫岩パスタ皮膚のしくみとはたらき凝灰岩

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android