ピソ・フルギ(英語表記)Lucius Calpurnius Piso Frugi

世界大百科事典 第2版の解説

ピソ・フルギ【Lucius Calpurnius Piso Frugi】

前2世紀のローマの政治家,年代記作家。生没年不詳。前149年護民官として暴利取締法を制定し,前133年執政官(コンスル),前120年監察官(ケンソル)を歴任した。彼の著した《年代記》7巻はローマの起源から彼が生存した時代の前146年までの歴史を,伝承の合理的解釈,古来の美徳と現在の悪徳との対比を含んだ平明な文体で記し,キケロ,リウィウスなどに評価されたが,断片しか現存していない。【秀村 欣二】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android