コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピッサヌローク Phitsanulok

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピッサヌローク
Phitsanulok

タイ中部,チャオプラヤー川の源流の一つナーン川にのぞむ都市。ピッサヌローク県の県都。チャオプラヤー川の沖積平野北部の中心地で,米,綿花,トウモロコシなどを取引する。バンコクとチエンマイを結ぶ鉄道が通る。アユタヤ朝期には首都アユタヤに次ぐにぎわいをみせた。城壁に囲まれた旧市街の中央にはプラシーラッタナーマハータート寺があり,タイで最も美しいといわれる青銅の仏像を有する。人口8万 5000 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ピッサヌロークの関連キーワード古代都市スコタイと周辺の古代都市群ラーマティボディ[2世]S. スコンティアンピサヌローク

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android