コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピッチベンド [pitch bend] ピッチベンド

音楽用語ダスの解説

ピッチベンド [pitch bend]

音程を滑らかに変化させる情報のこと。ギターのチョーキングのような効果をシンセサイザーで表現するときはこのピッチベンドを用いる。実際の演奏ではシンセサイザーに付いているコントローラを操作することで効果を得る。MIDIでは音程の変化を-8191から8191までの数値で表す。0はベンドなし、マイナスの数値は下方向へのベンド、プラスの数値は上方向へのベンドである。シンセサイザーや音源側の設定によって変化する音程の幅を設定することができる。DTMでは最大値で1オクターブの変化量に設定し、コントローラではなくステップでデータを入力することが多い。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて | 情報

ピッチベンド [pitch bend]の関連キーワードモジュレーション [modulation]イベント [event]RPN

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android