コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピピン(中) ピピンちゅう Pippin der Mittlere; Pépin le Jeune

2件 の用語解説(ピピン(中)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピピン(中)
ピピンちゅう
Pippin der Mittlere; Pépin le Jeune

[生]635頃
[没]714.12.16. リエージュ近郊ジュピル
フランク王国宮宰ピピン2世,ペパンとも呼ばれる。大ピピンの孫で,662年叔父グルモアルドの野望による一家虐殺から逃れ,679年アウストラシア分邦の宮宰の地位を取り戻した。ネウストリアの宮宰ベルカリウスを 687年のテルトリの戦いで破り,ネウストリア王テウデリヒ3世を全フランク人の王として認めるとともに,自身はネウストリア,ブルグンドの宮宰も兼ねてフランク王国の実権を握った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピピン(中)
ぴぴん
Pippin der Mittlere
(?―714)

フランク王国アウストラシアの宮宰。カロリング家の祖。アウストラシアの豪族大ピピンの娘ベッガとメッツの司教アルヌルフの息子アンセギゼルとの間に生まれた。ノイストリアの宮宰エブロインと争い、テルトリーの戦い(687)でこれを破ったのち、ノイストリア、ブルグントの支配権をも掌握して、王国全体の実権を握った。アラマン人を討って、フランクの宗主権を認めさせ、フリーセン人を征服して、西フリーセンをフランク王国に併合した。またアングロ・サクソン・ミッションに援助を与え、教会改革を意図して、全国の教会会議を招集した。[平城照介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピピン(中)の関連キーワード階乗数値積分スターリングの補間公式リーマン幾何学エヌ頃・比没・歿勃・歿・没Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone