ピュイ・ド・ドーム[山](英語表記)Puy‐de‐Dôme

世界大百科事典 第2版の解説

ピュイ・ド・ドーム[山]【Puy‐de‐Dôme】

フランス中央部,マシフ・サントラル(中央山地)中のオーベルニュ火山群の北端部にあるドーム山塊の最高峰。死火山で,標高1465m。ドーム山塊は延長30kmにも及ぶ火山列(シェーヌ・ド・ピュイ)をなし,噴火口,火山ドーム,溶岩流などの新鮮な火山地形がみられ,火山の博物館ともいわれる。マシフ・サントラルの中心都市クレルモン・フェランの西方約10kmに位置する。山頂には気象観測所(1876創設)とガロ・ロマン時代の商業神メルクリウスの神殿の廃虚がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる