ピュイ・ド・ドーム[山](英語表記)Puy‐de‐Dôme

世界大百科事典 第2版の解説

ピュイ・ド・ドーム[山]【Puy‐de‐Dôme】

フランス中央部,マシフ・サントラル(中央山地)中のオーベルニュ火山群の北端部にあるドーム山塊の最高峰。死火山で,標高1465m。ドーム山塊は延長30kmにも及ぶ火山列(シェーヌ・ド・ピュイ)をなし,噴火口,火山ドーム,溶岩流などの新鮮な火山地形がみられ,火山の博物館ともいわれる。マシフ・サントラルの中心都市クレルモン・フェランの西方約10kmに位置する。山頂には気象観測所(1876創設)とガロ・ロマン時代の商業神メルクリウスの神殿の廃虚がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android