ピュッター(英語表記)Pütter, Johann Stephan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピュッター
Pütter, Johann Stephan

[生]1725.6.25. イーゼルローン
[没]1807.8.12. ゲッティンゲン
ドイツの国法学者。マールブルク,ハレ,イェナの諸大学に学んだのち,ウェッツラルの帝国 (最高) 法院などで法の実務を身につけ,1746年以来ゲッティンゲン大学教授。ドイツの帝国法,国家法,訴訟法などを講じて,多くの法律家,外交官,官僚を養成。モンテスキューをはじめフランス啓蒙思想家の影響も受けたが,特に法制研究における歴史的方法は,F.サビニーらの歴史学派に刺激を与えた。主著『ドイツ帝国国制の発展』 Entwicklung der heutigen Staatsverfassung des Teutschen Reichs (3巻,1786~87) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android