ピョンチャン(平昌)郡(読み)ピョンチャン(英語表記)P'yǒngch'ang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピョンチャン(平昌)〔郡〕
ピョンチャン
P'yǒngch'ang

韓国,カンウォン (江原) 道の中部にある郡。郡庁所在地はピョンチャン邑。テベク (太白) 山脈のナムハン (南漢) 江の上流域にある。標高は 600mをこえるが,大部分はなだらかに傾斜する高原である。ジャガイモ,トウモロコシ,ホップ,アマ,薬草の栽培と,養蚕牧牛が盛ん。鉱産物も多い。交通が不便であったが,1975年にヨンドン (嶺東) 高速道路が横断するようになった。韓国有数のテグアルリョン (大関嶺) スキー場 (標高 850m) があり,北境のオデ (五台) 山の麓に新羅時代創建の月精寺がある。面積 1460km2。人口5万 3259 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android