コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピロリン酸(ピロ燐酸) ピロりんさんpyrophosphoric acid

世界大百科事典 第2版の解説

ピロりんさん【ピロリン酸(ピロ燐酸) pyrophosphoric acid】

化学式H4P2O7。二リン酸diphosphoric acidともいう。オルトリン酸H3PO4が脱水縮合してできる四塩基酸である。オルトリン酸(85%)を減圧下,約180℃で加熱脱水するか,計算量の五酸化二リンを加えてつくる。 4H3PO4+P2O5―→3H4P2O7無色の針状晶またはガラス状の塊。通常の固体はI型(融点54.3℃)で,これを封管中で約50℃に熱するとII型(融点71.5℃)に転移する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のピロリン酸(ピロ燐酸)の言及

【アデニル酸シクラーゼ】より

…細胞膜上に存在し,細胞の多くの生理機能を制御するのに重要な役割を果たしている酵素。基質ATPから環状AMP(cAMP)とピロリン酸の生成反応を触媒し(ATP→cAMP+ピロリン酸),細胞内cAMPの濃度を調節する。アデニル酸シクラーゼは,外部のさまざまな刺激因子により活性化(または不活性化)される。…

※「ピロリン酸(ピロ燐酸)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピロリン酸(ピロ燐酸)の関連キーワードリン(燐)酸ピロリン酸リン酸リン酸(燐酸)リン酸オキソ酸ピロリン酸リン酸エステル

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android