ピント(読み)ぴんと(英語表記)Fernão Mendes Pinto

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピント(Ferno Mendes Pinto)
ぴんと
Ferno Mendes Pinto
(1509?―1583)

ポルトガルの旅行家、著述家。アフリカや東洋で13回捕虜となり、17回売られるという波瀾(はらん)に富んだ生涯を送った。『遍歴記』(1614)はインド、アラビア、中国、日本での彼の数々の冒険や珍しい観察を書きつづったもので、多少の誇張はあるが近年は物語の本質の真実性が認められてきた。大航海時代の裏面における東洋での、同胞の行為に対する著者の隠しきれない批判が推測される。[濱口乃二雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピントの関連情報