ピーコック(読み)ぴーこっく(英語表記)Thomas Love Peacock

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピーコック(Thomas Love Peacock)
ぴーこっく
Thomas Love Peacock
(1785―1866)

イギリスの小説家。父はロンドンのガラス商。独学で古典語およびフランス、イタリア各語に熟達した。10代後半から詩を発表し、シェリーと親交を結んだ。1819年東インド会社入社。以後小説を書くかたわら有能な社員として会社に貢献した。シェリーをモデルにした『夢魔寺院』(1818)、『メイド・メアリアン』(1822)、『クロチェット城』(1831)、『グリル・グレインジ』(1860)など風刺のきいた小説は、A・ハクスリー、ウォーなどに影響を与えた。[佐野 晃]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピーコックの関連情報