ピーチ・アビエーション

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ピーチ・アビエーション

関西空港を拠点とする格安航空会社(LCC)で、2012年3月に運航を始めた。現在、関空―成田、関空―台北など国内・国際合わせて16路線を運航。今年1月、想定より約1カ月半早く搭乗者数が400万人に達した。13年3月期の売上高が143億円、純損益は12億円の赤字。14年3月期の単年度黒字達成をめざしている。

(2014-03-20 朝日新聞 朝刊 2経済)

ピーチ・アビエーション

国内初のLCCとして関西空港を拠点に2012年3月に就航。今年2月時点で国内線14路線、国際線14路線を運航する。昨年8月、搭乗者数が累計2千万人に達した。17年3月期決算は売上高517億円、純利益49億円で、就航2年目の黒字達成以降、4年連続で増収増益。全日空が株式の67・0%を持つ。

(2018-02-28 朝日新聞 朝刊 新潟全県・2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピーチ・アビエーションの関連情報