ファイナンスリース(読み)ふぁいなんすりーす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ファイナンスリース

一般の賃貸借レンタルなどの取引とは異なり、ユーザーが選んだものをメーカー、ディーラーからリース会社が購入し、長期間賃貸(物)する取引のこと。賃貸(物融)期間中に代金相当(金利・諸税・保険料などを含んだもの)を回収する。借り主は期間設定した間のコストだけを負担するため、実際に購入するよりも効率的に利用できるが、期間中解約ができないものなど、解約条件が厳しいものもある。カーリースだけではく、機械設備など、近年その範囲は広がりつつある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ファイナンスリース【finance lease】

リース会社が購入した物件を使用者に賃貸し、その期間中にリース料として、物件の取得費用・金利・手数料などの総額を回収する形態。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報