コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファイン・ケミカル fine chemicals

翻訳|fine chemicals

世界大百科事典 第2版の解説

ファイン・ケミカル【fine chemicals】

ファイン・ケミカルとは,化学工業製品のなかでも固有の技術に裏づけられた,より加工度が高く,したがって付加価値の高い製品のことで,精密化学製品ともいわれる。具体的には医薬品,農薬,合成染料,有機顔料,塗料,香料,化粧品,接着剤,写真感光材料,セッケン,合成洗剤,界面活性剤,環式中間物などを指す。またこの分野を研究・開発する化学をファイン・ケミストリーfine chemistryという。ファイン・ケミカルの特徴としては,その製品の市場規模が1品目当り数億円から300億円程度と大きくないため,新規参入があると供給過剰が発生しやすいこと,また品種が多く,かつその一つ一つで製法が異なることである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ファイン・ケミカルの関連キーワードジョンソン・アンド・ジョンソンアメリカン・サイアナミッドファイン・ケミカルズ大日本インキ化学工業ファイン・ケミカルキユーピー(株)日本水産(株)住友化学(株)三井東圧化学合成化学工業工業薬品工業クラレ(株)DIC(株)知識集約産業呉羽化学工業ファイザーユニリーバ産業構造反応装置染料工業

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android