コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファウストの劫罰

デジタル大辞泉プラスの解説

ファウストの劫罰

フランスの作曲家エクトール・ベルリオーズの独唱・合唱と管弦楽のための劇的物語(1845-46)。原題《La damnation de Faust》。ゲーテの『ファウスト』に基づく。『ハンガリー行進曲』、『妖精の踊り』、『鬼火のメヌエット』の3曲が広く知られ、独立して演奏されることも多い。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ファウストの劫罰の関連キーワード城多 又兵衛

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ファウストの劫罰の関連情報