コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファトフ・アリー・シャー Fatḥ ‘Alī Shāh

世界大百科事典 第2版の解説

ファトフ・アリー・シャー【Fatḥ ‘Alī Shāh】

1771‐1834
イランのカージャール朝の第2代シャー。在位1797‐1834年。初代アーガー・ムハンマドの甥。彼の支配した時期は,対外的にヨーロッパ列強間の国際的利害の対立のなかで譲歩を強いられた時代で,インドへの攻略の野望をもつナポレオンとフィンケンスタイン条約(1807)を結び,それを阻止しようとするイギリスとイギリス・イラン条約(1814)を結んだ。また,ロシアとの2度の戦争(1804‐12,26‐27)でカフカス地方の領土を失った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ファトフ・アリー・シャーの関連キーワードアッバース・ミールザーアッバース・ミールザーアーガー・ハーンアフサーイー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android