コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファトフ・アリー・シャー Fatḥ ‘Alī Shāh

1件 の用語解説(ファトフ・アリー・シャーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ファトフ・アリー・シャー【Fatḥ ‘Alī Shāh】

1771‐1834
イランカージャール朝の第2代シャー。在位1797‐1834年。初代アーガー・ムハンマドの甥。彼の支配した時期は,対外的にヨーロッパ列強間の国際的利害の対立のなかで譲歩を強いられた時代で,インドへの攻略の野望をもつナポレオンとフィンケンスタイン条約(1807)を結び,それを阻止しようとするイギリスとイギリス・イラン条約(1814)を結んだ。また,ロシアとの2度の戦争(1804‐12,26‐27)でカフカス地方の領土を失った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ファトフ・アリー・シャーの関連キーワードお蔭参り山岡浚明石版印刷平版印刷葛飾北斎野村軍記服飾雑誌アヘン戦争図鑑自伝

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone