ファトフ・アリー・シャー(英語表記)Fatḥ ‘Alī Shāh

世界大百科事典 第2版の解説

ファトフ・アリー・シャー【Fatḥ ‘Alī Shāh】

1771‐1834
イランのカージャール朝の第2代シャー。在位1797‐1834年。初代アーガー・ムハンマドの甥。彼の支配した時期は,対外的にヨーロッパ列強間の国際的利害の対立のなかで譲歩を強いられた時代で,インドへの攻略の野望をもつナポレオンとフィンケンスタイン条約(1807)を結び,それを阻止しようとするイギリスとイギリス・イラン条約(1814)を結んだ。また,ロシアとの2度の戦争(1804‐12,26‐27)でカフカス地方の領土を失った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android