コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファフル・アッディーン[2世] Fakhr al‐Dīn II

世界大百科事典 第2版の解説

ファフル・アッディーン[2世]【Fakhr al‐Dīn II】

1572‐1635
レバノンドルーズ派の名望家マーンMa‘n家に属するアミール(太守)。マーン家は祖父の代からレバノン南部の山岳部一帯の支配権を握っていたが,ファフル・アッディーンは政略に優れ,オスマン帝国中央政府の有力者たちと結び,クルドなどの政敵を次々と倒して,沿岸部を含むレバノン一帯の統一的支配をなしとげた。さらに全盛時(1630ころ)には,北はシリア北部から南はパレスティナにまでレバノンの勢力を伸張した。しかし,その勢力の増大はオスマン政府の脅威となり,1633年に中央政府の命による討伐軍に敗れ,35年にイスタンブールで処刑された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ファフル・アッディーン[2世]の関連キーワードエリザベス(1世)安土桃山時代(年表)ファフル・ウッディーン2世リシュリュー(Armand Jean du Plessis de Richelieu)ビレラフェリペ=デ=ヘスースヤギエウォ朝元亀フランシスコ・デ・ボルハアンリ(4世)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android