コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファブリアーノ ファブリアーノ

2件 の用語解説(ファブリアーノの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファブリアーノ
ファブリアーノ

ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファブリアーノ
ふぁぶりあーの
Gentile da Fabriano
(1370ころ―1427)

イタリアの画家。本名をジェンティーレ・ディ・ニッコロというが、中部イタリアの出身地にちなんでジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ、あるいは単にファブリアーノと呼び習わされている。故郷で画業を修めたと思われるが、初期の活動についての詳細は不明。1390年ころから北部および中部イタリアの各地で活躍するようになり、生涯転々と各地で制作を続け、ローマ世を去る。「国際ゴシック様式」とよばれる、14世紀末から15世紀中葉にかけてヨーロッパ中に流布した宮廷的で、装飾的、幻想的、かつ優美な美術のイタリアにおける代表者と目されている。残念ながら、各地で制作された壁画や祭壇画の多くが失われてしまい、たとえば、ベネチアのパラッツォ・ドゥカーレに描かれた海戦図のような後世に大きな影響を与えた作品が、16世紀の火災で焼失したのはいかにも惜しまれる。現存する作品のなかでは、フィレンツェウフィツィ美術館の『三王礼拝』がとくに名高い。彼は15世紀初めにはイタリアでもっとも著名で重要な画家の1人であり、その芸術性と歴史的意義は大いに評価されてよい。[石鍋真澄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファブリアーノの関連情報