ファブリキウス[アクアペンデンテの](英語表記)Fabricius ab Aquapendente

世界大百科事典 第2版の解説

ファブリキウス[アクアペンデンテの]【Fabricius ab Aquapendente】

1537‐1619
イタリアの解剖学者。イタリア名Girolamo Fabrizio。パドバ大学で,G.ファロピオのあとをついで,1565年に解剖学教授となった。1603年静脈弁を発見して精細に図説し,その作用を述べた。自ら設計して造らせた円形階段解剖講堂は他の大学の模範となり,現在も残されている。比較解剖学,発生学の業績もあり,外科医でもあった。血液循環を発見したW.ハーベーの師である。【古川 明】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のファブリキウス[アクアペンデンテの]の言及

【ファブリキウス囊】より

…幼若期の鳥類において,総排出腔のすぐ内側の背側にみられる囊状構造のリンパ組織。イタリアの解剖学者ファブリキウスが1621年に記載(死後公刊)したので,この名がある。ファブリキウス囊は鳥類だけにみられ,鳥類の抗体産生能の発達に不可欠な役割を果たしている。…

※「ファブリキウス[アクアペンデンテの]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android