コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファブリツィウス Fabricius

大辞林 第三版の解説

ファブリツィウス【Fabricius】

〔David F.〕 (1564~1617) ドイツの天文学者・神学者。ブラーエに師事。くじら座の恒星ミラの周期的変光を発見したほか、ハレー彗星の観測などを通じて、ギリシャ以来の天界恒常観に衝撃を与えた。
〔Johannes F.〕 (1587~1615) ドイツの天文学者。の息子。望遠鏡による太陽黒点の観測を行い、ガリレイ同様、その移動から太陽の自転を主張した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ファブリツィウスの関連キーワードハレー彗星3月9日ガリレイくじら座ブラーエ天文学者ドイツ観測

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android