ファラッカ・ダム(英語表記)Farakka Dam

世界大百科事典 第2版の解説

ファラッカ・ダム【Farakka Dam】

インド北東部,西ベンガル州とビハール州との州境部でガンガー(ガンジス)川をせき止めるダム。鉄道・道路橋としても利用されている。カルカッタ港を下流にもつフグリ川(ガンガー川の分流)の水量を増大させて,沈泥の堆積により機能低下をきたした同港を再生させるため1963年に着工され,70年代初めに完成した。当時,現在のバングラデシュを領有していたパキスタンが,インドによる水利用の一方的変更に反対し,両国間の争点となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android