コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファルナケス[1世] Pharnakēs I

1件 の用語解説(ファルナケス[1世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ファルナケス[1世]【Pharnakēs I】

?‐前160ころ
ポントス国王。在位,前185‐前160年ころ。前183年黒海に臨む都市シノペを占領し,以後この地を王国の首都とする。領土拡大を狙って近隣のペルガモン王国ビテュニア王国などと戦いを繰り広げるが,彼の強大化を恐れたローマの介入のため,占領地の返還を余儀なくされた(前179)。しかし,黒海沿岸や南ロシア地域の諸都市,小王国との外交関係や戦争によって,大帝国の建設を夢見た彼の政策はミトリダテス6世に受け継がれていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ファルナケス[1世]の関連キーワードヒロポン文公ぽろぽろメルロポンティユーグカペーネグロポンテ島

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone