コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファルナケス[2世] Pharnakēs II

1件 の用語解説(ファルナケス[2世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ファルナケス[2世]【Pharnakēs II】

?‐前47
ボスポロス国王。在位,前63‐前47年。ミトリダテス6世の息子。父が起こしたローマとの戦争の末期,父に対して反乱を企て自殺へと追いやった(前63)。これをローマに認められ,ボスポロス一帯の支配を任される。カエサルポンペイウスとの内乱では後者に味方し,前48年ポントス王国再建をも目ざしてコルキス,小アルメニア(現在のトルコ北東部からアルメニア西部),カッパドキアを占領し,ニコポリスでカエサルの副官を打ち破った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ファルナケス[2世]の関連キーワードキュロス二世フランソワ文公ぽろっとぽろぽろセファロスポリン第一ボスポラス橋第二ボスポラス橋スポロトリコーシス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone