コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファルナケス[2世] Pharnakēs II

世界大百科事典 第2版の解説

ファルナケス[2世]【Pharnakēs II】

?‐前47
ボスポロス国王。在位,前63‐前47年。ミトリダテス6世の息子。父が起こしたローマとの戦争の末期,父に対して反乱を企て自殺へと追いやった(前63)。これをローマに認められ,ボスポロス一帯の支配を任される。カエサルポンペイウスとの内乱では後者に味方し,前48年ポントス王国再建をも目ざしてコルキス,小アルメニア(現在のトルコ北東部からアルメニア西部),カッパドキアを占領し,ニコポリスでカエサルの副官を打ち破った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報