コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファレール ファレール Farrère, Claude

3件 の用語解説(ファレールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファレール
ファレール
Farrère, Claude

[生]1876. リヨン
[没]1957. パリ
フランスの小説家。本名 Frédéric Charles Bargone。海軍士官で,ロチの作風に通じる『文明人』 Les Civilisés (1905,ゴンクール賞) ,『戦争』 La Bataille (09) など多数の作品がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ファレール【Claude Farrère】

1876‐1957
フランスの小説家。本名バルゴーヌFré‐déric‐Charles Bargone。海軍軍人の体験を基にして小説を書いた彼は,ピエールロティ風の異国情緒によって多くの読者を獲得した。作品としては,《文明人》(1905。同年ゴンクール賞受賞),日本海海戦を題材にした《戦闘》(1909),《最後の女神》(1920)などの小説,評論《ピエール・ロティ》(1950),回想録《わが旅行記》(1955)等がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファレール
ふぁれーる
Claude Farrre
(1876―1957)

フランスの小説家。本名フレデリック・シャルル・バルゴーヌFrdric Charles Bargone。リヨンの生まれ。海軍士官として東洋諸国を歴訪。短編集『阿片(あへん)の煙』(1904)で文壇に出、サイゴンが舞台の『文明人』Les Civiliss(1905)でゴンクール賞。『海戦』(1909)では日露戦争下の一日本海軍将校を描き話題となった。アカデミー会員(1935)に選ばれ、中国・日本の精神を論じた東洋研究や旅行記のほか、先輩ピエール・ロチやピエール・ルイスに関する著述がある。[曽根元吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファレールの関連キーワードゴーチエタラスコンブルゴーニュアランフルニエゴンクールチュルゴースタールゴーゴリ伝バルタザールのとっぴな生活ブルゴーニュ公国

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone