コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファントム墜落事故

1件 の用語解説(ファントム墜落事故の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ファントム墜落事故

68年6月2日夜、米軍板付基地(現・福岡空港)に帰還する途中のファントムが九州大構内で建設中の大型計算機センターに墜落。操縦士は脱出し、けが人はなかった。学生が現場をバリケードで囲み、市民も含めた反戦・反基地運動の象徴になった。機体は69年1月に業者が撤去。運搬先や誰の指示だったのかははっきりしていない。

(2007-06-01 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファントム墜落事故の関連キーワード板付板付遺跡板付け板付け釘日夜福岡空港沖縄の米軍基地と米軍横須賀基地平沢基地と米軍再編福岡大空襲江頭匡一

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone