コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファント・ホフ Jacobus Henricus van’t Hoff

世界大百科事典 第2版の解説

ファント・ホフ【Jacobus Henricus van’t Hoff】

1852‐1911
オランダの化学者。立体化学および物理化学の創始者。1901年第1回ノーベル化学賞受賞者となる。開業医の子としてロッテルダムに生まれる。初めデルフトの工業学校で技術教育を受けるが,純粋化学を志し,1871年ライデン大学に入学する。ここでは,将来の化学の基調とするため主として数学を学び,ボン大学でF.A.ケクレ,パリ大学でC.A.ビュルツに師事して化学を修め,74年帰国。獣医学校の講師をへて,77年アムステルダム大学講師,翌年教授となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のファント・ホフの言及

【化学】より

…天然産のものに比べて安価で品質が一定していた合成染料はほどなく市場から天然産染料を駆逐し,化学工業時代の幕が開いた。 もう一つの大きな飛躍はJ.H.ファント・ホフとル・ベルJ.A.Le Bel(1847‐1930)によってなされた。彼らの唱えた炭素正四面体説(1874)は,分子内の原子の配列を三次元的にとらえる立体化学の基礎となった。…

【光学異性】より

…このように,不斉炭素原子は光学活性をもつための十分条件ではない。J.H.ファント・ホフとJ.A.ル・ベルは光学活性と分子の構造を議論した際,アレンのように不斉炭素のない系でも光学異性がありうることを予言したが,その予言は1936年メートランドP.Maitlandらによって確認された。不斉軸をもつ化合物の一群はそれ以前に発見されている。…

【有機化学】より

…これによって,有機化学は脂肪族,芳香族の二つの流れをたどることになった。J.H.ファント・ホフとJ.A.ル・ベルによる炭素正四面体説の提出は,この建設期の掉尾を飾る発見であった。この後の約50年,有機化学の発展の第2期は,人名反応の時代といえよう。…

※「ファント・ホフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ファント・ホフの関連キーワードオーガスト アレニウスウィスリツェヌス質量作用の法則オストワルト不斉炭素原子ローゼボームウェルナーアレニウス8月30日立体異性幾何異性ル・ベル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android