コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファン・スコレル Jan van Scorel

世界大百科事典 第2版の解説

ファン・スコレル【Jan van Scorel】

1495‐1562
オランダの画家。アルクマール近郊スホールルSchoorlに生まれ,ハールレムでバイスC.Buys,アムステルダムでファン・オーストザーネンJ.C.van Oostsanenに師事。ユトレヒトでホッサールトに接触したのちイタリア旅行に出発。ベネチア滞在中の1521年,聖地巡礼団に加わってエルサレムに赴く。翌年ローマでオランダ人教皇ハドリアヌス6世からバチカンの美術収集の監督者に任命される。教皇の死後ユトレヒトに移り,聖職者としても重職を務めながら精力的な制作活動を続けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のファン・スコレルの言及

【オランダ美術】より

…そうした中にあってファン・レイデンはデューラーの影響をみごとに消化しつつ精緻な技巧を駆使して線刻銅版画の分野で大きな成果をあげた。真の意味でのルネサンスは,オランダ人教皇ハドリアヌス6世の下でバチカンの美術管理にあたったファン・スコレルの帰国(1524)とともに到来したといってよい。こののち同じようにイタリア,特にローマに遊学して古代とルネサンスの成果を吸収しようとした〈ロマニスト〉と呼ばれる画家たちが続出するが,一般的に言って彼らを中心とする16世紀のオランダ美術はイタリアの理想性とネーデルラント本来の写実性のいずれをも十分に発揮できず,両者の統合という重要な課題は達成できなかった。…

※「ファン・スコレル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ファン・スコレルの関連キーワードモル(Anthonis Mor)ファン・ヘームスケルクロマニスト

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android