コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファン・デン・ボス Johannes van den Bosch

世界大百科事典 第2版の解説

ファン・デン・ボス【Johannes van den Bosch】

1780‐1844
オランダ領東インド政庁総督。在職1830‐33年。彼の名は,1830年以来採用された強制栽培制度とともに広く知れわたっている。17歳でジャワのバタビア(現,ジャカルタ)に赴き,以後職業軍人としての道を歩んだ。1810年にいったん帰国し,植民地経略についての実務に携わるかたわら,《アジア,アメリカおよびアフリカにおけるオランダ属領――理念的,政治経済的,地理的観点からみたその状況》(1818)と題する植民地経営論を著した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のファン・デン・ボスの言及

【インドネシア】より

…東南アジア地域の英蘭の勢力分野はその後1824年の英蘭協約により確定され,オランダはマレー半島を放棄する一方,スマトラ全域の支配権を掌握した。オランダは30年以降ファン・デン・ボス総督のもとで〈強制栽培制度〉を施行し,ジャワの土地と農民支配を本格的に開始した。圧制の典型として後世に伝えられるこの制度のもとで,農民は小説《マックス・ハーフェラール》(ムルタトゥーリ作。…

【強制栽培制度】より

…国家財政のために政府が権力を行使して,住民に一方的に定めた低い栽培賃金で世界市場向け農産物を栽培,製品化させる,植民地の農業的収奪の制度と定義することができる。植民地でのジャワ戦争やパドリ戦争,本国でのベルギーの分離独立や財政運営の失敗などによって生じた財政危機を克服するために,1830年ファン・デン・ボスが東インド総督着任と同時に,純益政策の重要な柱として,王侯領を除くジャワ全州にこの制度を導入した。従来のモルッカとジャワの一部でのチョウジや米などの強制供出制度や,西ジャワのプレアンゲル制度によるコーヒーの強制供出を拡大強化したものである。…

※「ファン・デン・ボス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ファン・デン・ボスの関連キーワードボス(ファン・デン・ボス)インドネシア史

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android