コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファン・ドールン Cornelis Johannes van Doorn

世界大百科事典 第2版の解説

ファン・ドールン【Cornelis Johannes van Doorn】

1837‐1906
明治初年に政府が招いた御雇外国人(土木部門)の技師長。オランダのヘルデルランド州に生まれ,デルフト工業大学の前身である専門学校を卒業して土木技師の資格を得た。1872年に工兵士官のI.A.リンドウとともに来日,直ちに利根川江戸川,淀川,信濃川などの改修,砂防工事に従事,このとき利根川筋,江戸川筋に日本最初の量水標を設置した。73年に日本の技術者のために《治水総論》を著し,さらに後年に《治水要目》および《堤防略解》を記して,日本の治水土木事業の基礎を作った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のファン・ドールンの言及

【安積疎水∥安積疏水】より

…構想は幕末のころよりあったが,1873年(明治6)に郡山の有志によって結成された開成社の大槻原開拓の成功をきっかけとして,明治政府は国家事業として郡山盆地の台地に士族の入植と疎水の開削を計画した。78年オランダ人の技師ファン・ドールンC.J.van Doorn(1837‐1906)に設計させ,79年起工,延べ85万人を動員して82年に完成した。疎水路は猪苗代湖東岸山潟地区に取入口を設け,奥羽山脈を沼上トンネルで貫通し,五百川上流に自然流下させ,熱海地区で再び水路に導き,郡山盆地の西縁を南下し,盆地南部の牛庭原東部に至る52kmの幹線と7分水路よりなる。…

【安積疎水∥安積疏水】より

…構想は幕末のころよりあったが,1873年(明治6)に郡山の有志によって結成された開成社の大槻原開拓の成功をきっかけとして,明治政府は国家事業として郡山盆地の台地に士族の入植と疎水の開削を計画した。78年オランダ人の技師ファン・ドールンC.J.van Doorn(1837‐1906)に設計させ,79年起工,延べ85万人を動員して82年に完成した。疎水路は猪苗代湖東岸山潟地区に取入口を設け,奥羽山脈を沼上トンネルで貫通し,五百川上流に自然流下させ,熱海地区で再び水路に導き,郡山盆地の西縁を南下し,盆地南部の牛庭原東部に至る52kmの幹線と7分水路よりなる。…

【港湾】より

… 近代的な港湾の整備は73年以降,東北,北陸振興の一環として宮城県野蒜(のびる)港と福井県三国港(当時は坂井港)を国の修築事業としてとり上げたのに始まる。野蒜港は内務省御雇技師,オランダ人ファン・ドールンの計画・設計のもとに78年着工,背後の都市計画事業とともに第1期工事は81年に完成したが,84年の台風による高波のため東側防波堤が決壊,現在はその面影もない。横浜港を近代港湾とすべく,その第一歩の修築事業が行われたのは89年である。…

※「ファン・ドールン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ファン・ドールンの関連キーワード安積疎水∥安積疏水J. デ・レーケファン・ドールンデ・レーケ安積疎水ムルデル

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android