ファン・ホイエン(英語表記)Jan van Goyen

世界大百科事典 第2版の解説

ファン・ホイエン【Jan van Goyen】

1596‐1656
オランダの風景画家。ライデンに生まれ,同市とホールン画業を学んだのちハールレムでE.ファン・デ・フェルデに師事。故郷で活動した後1631年にハーグに移り,同地で没。村や冬景色を題材とした初期の作品には師の影響が強いが,1620年代後半から固有色を排し抑制された色調で川辺や砂丘の風景を描きはじめ,いわゆる〈色調様式〉を確立。30年代後半から40年代にはこの傾向がいっそう強まり,淡褐色もしくは淡緑色の濃淡だけですべての表現がなされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android