コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファーバ Faba, Guido

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファーバ
Faba, Guido

[生]1190頃
[没]1243頃
イタリアの文学者。ボローニャで一生をおくったが,経歴は不詳。多くのラテン語による著作を残したが,なかでも中世ラテン語修辞法を俗語に応用したことで知られる。主著はラテン語書簡文修辞法について述べた『緋色の宝石』 Gemma purpurea (1239年から 48年の間) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ファーバの関連キーワードメンデルスゾーン(Felix Mendelssohn (ジャック ストロミンジャーアンダーグラウンド映画クレイターリムロードファーバーカステルトニー ハリソンショー・ボートハマースタインスティーブンズクラリネットショーボートベージュ細胞ジャイアンツ1月17日ブラームスコーフマン8月15日モンタゼリシマロンウォラー

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android