コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フアン・マヌエル Don Juan Manuel

世界大百科事典 第2版の解説

フアン・マヌエル【Don Juan Manuel】

1282‐1348
スペインの散文作家。スペイン中世最大の学芸の庇護者である賢王アルフォンソ10世の甥で,文武両道をよくする宮廷人であったが,代表作《ルカノール伯爵Conde Lucanor》(1335)によって不朽の名声を得ている。この作品は若いルカノール伯爵が養育係のパトロニオに人生万般について教えを乞い,パトロニオがさまざまな寓話をまじえながら道徳的訓戒を与えるという形式をとった51話からなる説話集であり,その13年後に書かれたボッカッチョの《デカメロン》とともに後のヨーロッパ文学に多くの素材を提供した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フアン・マヌエルの関連キーワードフアン・マヌエル・サントスフアン・マヌエル サントスペドロ1世(厳格王)アルゼンチン史5月5日

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フアン・マヌエルの関連情報