コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フアーネス Juan de Juanes

世界大百科事典 第2版の解説

フアーネス【Juan de Juanes】

1523ころ‐79
スペインの16世紀バレンシア派を代表するマニエリスムの画家。本名ビセンテ・フアン・マシップVicente Juan Masip。同じく画家で,スペインに甘美なラファエロの様式を最初に導入した父ビセンテ・マシップVicente Masipに学び,同様式の代表者となった。〈聖母子〉〈聖家族〉〈最後の晩饗〉など,スペイン民衆に愛された多くの図像を決定した。【神吉 敬三】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android