コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィアツェーンハイリゲン巡礼聖堂 フィアツェーンハイリゲンじゅんれいせいどう Vierzehnheiligen

1件 の用語解説(フィアツェーンハイリゲン巡礼聖堂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィアツェーンハイリゲン巡礼聖堂
フィアツェーンハイリゲンじゅんれいせいどう
Vierzehnheiligen

ドイツ,バンベルク近郊にあるバロック聖堂。 B.ノイマンの設計により,1743年に起工,彼の没後 72年に完成した。ドイツ・バロックの頂点をなし,ノイマンの創造力に満ちた作品。平面は奥行方向に3つの楕円が並び,これに4個の円を配し,曲面の使用によって全体を一体とする構成へと向う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィアツェーンハイリゲン巡礼聖堂の関連キーワード新バロックタンネンベルクの戦いタンネンベルクバンベルク大聖堂ルートウィヒスブルク城レンベルクアルバン・ベルク弦楽四重奏団クローネンベルク・ドイツ村バンベルク交響楽団ザルツブルク・バロック聖霊降臨祭音楽祭

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone