コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィッシャー:音楽のアリアドネ/piano solo Ariadone musica neo-organoedum

1件 の用語解説(フィッシャー:音楽のアリアドネ/piano soloの意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

フィッシャー:音楽のアリアドネ/piano solo

正確な出版年は不明だが、J.C.ヴァルターの音楽事典(1732)によれば1702年頃とされる。20の異なる長短調で書かれたプレリュードフーガ、および5つのプロテスタントコラールに基づくレチェルカ ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィッシャー:音楽のアリアドネ/piano soloの関連キーワードシュバルツバルトヴィヴァルディ暗部屋ヴァルライン岩ヴァルターの岩相対比の法則オストヴァルトの希釈律オストヴァルトの吸収係数ゴンサロバッハ:前奏曲とフーガ イ短調/piano soloフュルスト,パウル ヴァルター

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone