フィッチ(Val Logsdon Fitch)(読み)ふぃっち(英語表記)Val Logsdon Fitch

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィッチ(Val Logsdon Fitch)
ふぃっち
Val Logsdon Fitch
(1923―2015)

アメリカの物理学者。ネブラスカ州メリマンに生まれる。第二次世界大戦中は陸軍に所属、ロス・アラモスにおいてマンハッタン計画(原子爆弾製造計画)に参加し、原子物理学を学んだ。1948年にモントリオールのマッギル大学を卒業、コロンビア大学でレインウォーターの指導を受け、1954年に博士号を取得した。プリンストン大学の講師となり、1956年準教授、1960年教授に昇格、1976年には物理学部門の部長に就任した。

 レインウォーターとの共同研究で、μ粒子(ミューオン)原子の電磁崩壊を観測した。その後、研究の対象をK中間子に移し、1965年にクローニンらとともにK中間子崩壊の実験を行った。この結果、中性のK中間子はCP保存の破れ(時間反転の対称性の破れ)を示すことを発見した。Cとは荷電共役変換、Pとはパリティ変換を意味し、当時CP保存の原則は守られるとみられていたが、それが否定されたことにより、素粒子論に大きな影響を与えた。この業績に対して1980年にノーベル物理学賞をクローニンとともに受賞した。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android