フィリップ ジャルスキー(英語表記)Philippe Jaroussky

現代外国人名録2016の解説

フィリップ ジャルスキー
Philippe Jaroussky

職業・肩書
カウンターテナー歌手

国籍
フランス

生年月日
1978年

出生地
メゾン・ラフィット

学歴
ベルサイユ国立地方音楽院卒

経歴
ベルサイユ国立地方音楽院でバイオリンを学び、18歳で声楽に転向。2005年ベルリン歌劇場で「ウリッセの帰還」テレマーコ役でデビュー。バロックのレパートリーを中心に、コンサート歌手として活躍。“アンサンブル・アルタセルセ”を主宰。2005年シャンゼリゼ劇場でヘンデル「リナルド」タイトルロール、2010年マドリードでモンテヴェルディ「ポッペアの戴冠」ネローネ役を歌う。2008年カストラートのカレスティーニのために作られた歌を再現したアルバムを出し、2009年近代フランス歌曲集「オピウム」を発売。2008年初来日。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android