コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィリップ(剛勇公) フィリップ[ごうゆうこう]Philippe II, le Hardi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィリップ(剛勇公)
フィリップ[ごうゆうこう]
Philippe II, le Hardi

[生]1342.1.17. ポントアーズ
[没]1404.4.27. ハル
フランス,ブルゴーニュ公 (在位 1364~1404) 。フランス王ジャン2世の第4子。ポアティエの戦い (1356) に出陣して「剛勇公」の通称を得た。 1364年ブルゴーニュ公に封じられ,さらに妻マルグリット・ド・フランドルの相続したフランドル,アルトアなどを合せて広大な所領を支配し,ヨーロッパ有数の実力者となった (84) 。甥のフランス王シャルル6世を後見してオルレアン公ルイと対立し,ブルゴーニュ派アルマニャック派抗争の端を開いた。彼はまた文芸を愛し書籍を収集した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フィリップ(剛勇公)の関連キーワードジャン(無畏公)

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android