コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィリップス・アラブス Marcus Julius Philippus Arabs

世界大百科事典 第2版の解説

フィリップス・アラブス【Marcus Julius Philippus Arabs】

204ころ‐249
ローマ皇帝。在位244‐249年。アラビア出身。ゴルディアヌス3世のペルシア遠征中に親衛隊長官となるが,皇帝を暗殺させて帝位につく。ペルシアと和を結び,ローマに帰還し,元老院と良い関係をつくる。247年にはカルピ族に大勝し,翌年ローマ建国千年祭を催すが,ゴート族がモエシアに侵入したり,各地で反乱が起きたりした。ドナウ方面の軍隊の支持を得たデキウスとベローナ付近で戦い,敗死した。【市川 雅俊】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフィリップス・アラブスの言及

【ゴルディアヌス[3世]】より

…242年にペルシアを破った。ティメシテウスの死後フィリップス・アラブスを親衛隊長官に任命したが,まもなくフィリップスは帝位を望むようになり,ゴルディアヌスは殺された。【市川 雅俊】。…

※「フィリップス・アラブス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フィリップス・アラブスの関連キーワードゴルディアヌス[3世]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android