コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィリップ・K・ディック賞 ふぃりっぷ・けー・でぃっくしょう Philip K.Dick Award

1件 の用語解説(フィリップ・K・ディック賞の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

フィリップ・K・ディック賞

米国のSF文学賞。同国のSF作家フィリップ・K・ディック(1928~82年)を記念し、83年に創設された。米国内でペーパーバックとして出版されたSF小説を対象とし、年間で最も優れた作品に毎年授与される。次点の作品には特別賞が贈られる。日本人の作品では、2011年に伊藤計劃の『ハーモニー』、14年に円城塔の『Self-Reference ENGINE』(いずれもハヤカワ文庫)の英訳版が、それぞれ特別賞を受賞している。

(2014-4-22)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィリップ・K・ディック賞の関連キーワードアルベマス火星のタイム・スリップ虚空の眼ザップ・ガン死の迷宮シミュラクラデイワールド未来医師ユービックヴァリス

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フィリップ・K・ディック賞の関連情報