コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィリッポス5世 フィリッポスごせいPhilippos V

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィリッポス5世
フィリッポスごせい
Philippos V

[生]前238
[没]前179. アンフィポリス
マケドニア王 (在位前 221~179) 。デメトリオス2世の子。アンチゴノス3世の養子となり,前 221年に王位を継承。ハンニバルと同盟を結び (前 215) ,ローマと戦って有利に和平を結んだ (第1次マケドニア戦争〈前 214~205〉) 。その後東方へ向い,セレウコス朝シリアのアンチオコス3世と結んでエジプトへ領土の拡大を試みたが,ロードスとペルガモンキオス沖で敗れた。一方その好戦的姿勢はローマに戦端を開かせ,ためにテッサリアにおいて敗北した (第2次マケドニア戦争〈前 200~196〉) 。以後スパルタナビスアイトリアとの戦いでローマを助けるなど前 189年までローマと協調を続けたが,植民や鉱山開発,貨幣発行による財政立直しにより,国力の回復と増強に努めたため,ローマの介入を受け,反抗の準備中,死没。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フィリッポス5世の関連キーワード公有財産公孫氏政権増殖炉カンファー作東たつの(市)司馬懿ウラン高速増殖炉ウラン

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone