コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィリピンと日本の戦後

1件 の用語解説(フィリピンと日本の戦後の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

フィリピンと日本の戦後

太平洋戦争末期、日本軍が抗日ゲリラとの関係を疑って無実の人を虐殺する事件が相次ぎ、遺族らの反日感情はいまも強い。元従軍慰安婦が日本政府に補償を求めている問題や、米軍や住民の追及を恐れて日本人であることを証明する書類を捨てたために日本国籍が認められない残留日本人の問題も残る。

(2010-09-18 朝日新聞 朝刊 アジア)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィリピンと日本の戦後の関連キーワード硫黄島の戦い回天司政官大東亜戦争ビアク島沖縄戦バウアンの虐殺旧日本軍の少年採用太平洋戦争とキスカ島水戸空襲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone