コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィリピンの戦い

1件 の用語解説(フィリピンの戦いの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

フィリピンの戦い

1941年12月、日本軍は真珠湾攻撃と同時に、米国の植民地だったフィリピンに進攻し、占領した。奪回をはかる米軍は、44年10月、レイテ島に進攻。レイテ沖海戦で日本軍の連合艦隊は壊滅状態となった。フィリピン各地の日本軍は補給を絶たれた。激戦に加え、ジャングルで餓死したり、伝染病で亡くなったりした人も多かった。近海を含むフィリピンでの戦没者は約51万8千人にのぼる。

(2014-08-25 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィリピンの戦いの関連キーワードキンメル真珠湾攻撃マレー沖海戦真珠湾単冠湾1941栄光なき凱旋米国の日系人の強制収容片山義雄シンガポール華僑殺害事件

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フィリピンの戦いの関連情報