コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィリピンの銃事情

1件 の用語解説(フィリピンの銃事情の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

フィリピンの銃事情

民間人も警察の許可を得れば拳銃を所持でき、ショッピングモールなどで購入できる。また闇市場で密造銃が簡単に手に入るため、銃を使った路上強盗や住宅へ侵入する強盗事件も多発。金融機関スーパー、高級住宅を銃で武装した警備員が守っているほか、富裕層を中心に護身のため自宅に銃を置く人も多い。

(2011-12-15 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィリピンの銃事情の関連キーワードOGL警察法新田開発町飛脚外泊許可営業指定漁業ちゃか本富拳銃を持つヴィーナス

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone