コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィルム・ライブラリー film library

翻訳|film library

1件 の用語解説(フィルム・ライブラリーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フィルム・ライブラリー【film library】

映画を収集・保存し,研究・鑑賞に役立てる機関,または教育上必要な映画を保有して地域の利用に供する視聴覚ライブラリーをいう。前者の先駆はH.ラングロアを中心とするパリのシネマテーク・フランセーズ(1936発足)で,古今東西の映画を上映してヌーベル・バーグの誕生にも影響を与えた。アメリカニューヨーク近代美術館,旧ソ連のゴス・フィルム・フォンドなども著名。日本では1952年東京国立近代美術館設立に際し,その一部に設けたものが現在のフィルムセンターとなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フィルム・ライブラリーの関連情報