コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィルム・ライブラリー film library

翻訳|film library

世界大百科事典 第2版の解説

フィルム・ライブラリー【film library】

映画を収集・保存し,研究・鑑賞に役立てる機関,または教育上必要な映画を保有して地域の利用に供する視聴覚ライブラリーをいう。前者の先駆はH.ラングロアを中心とするパリのシネマテーク・フランセーズ(1936発足)で,古今東西映画を上映してヌーベル・バーグの誕生にも影響を与えた。アメリカのニューヨーク近代美術館,旧ソ連のゴス・フィルム・フォンドなども著名。日本では1952年東京国立近代美術館設立に際し,その一部に設けたものが現在のフィルムセンターとなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フィルム・ライブラリーの関連キーワード国際フィルム・アーカイブ連盟シネマテーク・フランセーズフィルム・アーカイブ京都府京都文化博物館ヌーベル・バーグ川喜多 かしこマカベーイェフヌーベルバーグヨーロピアナ川喜多 長政野田 真吉情報検索

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android