コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィルム・ライブラリー film library

翻訳|film library

1件 の用語解説(フィルム・ライブラリーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フィルム・ライブラリー【film library】

映画を収集・保存し,研究・鑑賞に役立てる機関,または教育上必要な映画を保有して地域の利用に供する視聴覚ライブラリーをいう。前者の先駆はH.ラングロアを中心とするパリのシネマテーク・フランセーズ(1936発足)で,古今東西の映画を上映してヌーベル・バーグの誕生にも影響を与えた。アメリカニューヨーク近代美術館,旧ソ連のゴス・フィルム・フォンドなども著名。日本では1952年東京国立近代美術館設立に際し,その一部に設けたものが現在のフィルムセンターとなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フィルム・ライブラリーの関連キーワード市場調査遺伝子銀行角を立てる企てる日用役立てる差立てる突立てる名を立てる泣立てる

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フィルム・ライブラリーの関連情報