フィレンツェの思い出

デジタル大辞泉プラスの解説

フィレンツェの思い出

ロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキーの弦楽六重奏曲(1887-90, 91-92)。原題《Souvenir de Florence》。名称はイタリアのフィレンツェ滞在中に作曲が始められたことに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android