コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィロン[ビザンティンの] Philōn

1件 の用語解説(フィロン[ビザンティンの]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フィロン[ビザンティンの]【Philōn】

ヘレニズム期に活躍したギリシアの機械学者。生没年は不詳だが,発明されたばかりのクテシビオスの青銅製投石器について述べているところから,活躍期は前250年前後と思われる。軍事技術と機械装置の分野で,投射機や気圧を利用した温度検知器などの発明を残したが,その生涯については不明。彼の現存する唯一の著作《機械学体系》は〈序文〉〈てこ〉〈港湾の建造〉〈投石器〉〈気体学〉〈機械劇場〉〈築城術〉〈攻城と防衛〉〈戦略〉の9巻からなるが,そのうち〈投石器〉〈気体学〉〈築城術〉の巻だけが残っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フィロン[ビザンティンの]の関連キーワードカメオドロイゼンヘカタイオスペルガモンヘレネスラオコーンレイヨニズムサーニズムヘレニズムメカニズム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone